GW3Dfeatures紹介ページ

 製品紹介ページはこちら

GW3Dfeaturesでは、SOLIDWORKS で自由曲面やG3連続を実現します。SOLIDWORKSでは手間がかかったり作成出来ない形状も、GW3Dfeatures にお任せ下さい。SOLIDWORKSアドインツールですのでSOLIDWORKSと同じインターフェースで作業ができます。


GW3Dfeatures概要

  • G3連続(曲率変化率連続)したサーフェスやカーブを作成することができます。
  • Spineによるコントロールで、人間の脊髄がねじれるようにサーフェスのねじれを実現することができます。

  • Law Curveと呼ばれる独自のジオメトリコントロール方法でスケッチでチューブ半径やピッチなどをコントロールすることができます。
  • geodesic mappingの手法でサーフェスを展開し、平坦なサーフェスにすることができます。また反対に、2Dスケッチをサーフェスに貼り付けたカーブにする機能もあります。

 GW3Dtools機能ピックアップはこちら(PDF)

 GW3Dfeatures商品詳細はこちら


参考資料

 SOLIDWORKS基本機能との比較(カーブ&スプライン)
 SOLIDWORKS「可変フィレット」とGW3Dfeatures「Blend Surface」について
 Tube SurfaceとMulti Brend Surface を使⽤したエッジ部分のモデリング手法
 Transform Surface機能について(SOLIDWORKS2019対応版以降)


GW3Dfeatures動画紹介

動画ページは準備中です。


導入事例紹介

  • キュウプロダクツ(岡村 修一様)

    業務内容:
    3D-CAD SOLIDWORKSを使用したプロダクトデザイン業務。デザインに関わる試作モデル(3次元造形)・データの作成。 SOLIDWORKSを使用したデザインモデリング受託業務。スポーツ関連用品のデザイン開発。

    ◎デザイナ視点での紹介動画や使用例などを掲載いただいています。