MODELA PROⅡ MDX-540S-AP

求められるパフォーマンスをこの1台に集約

製造現場に求められる高精度、操作性、適応力を備え、治具製造・小量生産・追加工の内製化を容易にする 3D切削RPマシンのオールインワンパッケージモデル。導入したその日からコスト削減・効率化をサポートします。

特徴

MODELA PROⅡ MDX-540S-APの基本

パッケージ内容

●MDX-540S(高精度モデル)本体
●ATCユニット(自動工具交換装置)
●専用カバー
●専用スタンド
●シグナルタワー
●エアブローキット ※エアー供給装置別
●3D CAMソフト「SRP Player」
●ATC用ツールチャック
(ユキワ精工製 15T-NDC10-52-PB×1、15T-NDC7S-55-PB×2、15T-NDC7S-75-PB×1)
●ATCツールチャック用コレット
(ユキワ精工製 YCC10-10×1、YCC10-6×1、YCC7-6×2、YCC7-4×2)
●ツールクランプ(ユキワ精工製 YTC-15)
●スパナ(ユキワ精工製 FS-22、FS-33)
●エンドミルセット
(ストレート(φ10、6、4、3、1)、ボール(R3、R2、R1.5、R1、R0.5) 各1本)
●モデリングベースキット
(ケミカルウッドベース板(400mm×400mm : t=50)アルミスペーサー(t=30)、取付ネジ )

高品質で美しい仕上がりとパワフルさを両立

高い本体剛性を保つためのアルミ鋳造の門型フレームをはじめ、一枚板テーブルの採用や内部演算処理の効率化、スムージング性能の向上など、曲面のなめらかさと仕上がりの美しさを実現。マシニングセンターなどにも採用されているACサーボモーターとDAC-FFPで、トルクと速度を常に最適な状態にコントロール。高速かつパワフルな切削加工を可能にします。

オートツールチェンジャーで仕上げまで一工程で

荒削りから仕上げまで、最適なツールを選択しツール交換の手間を軽減する4スロットのオートツールチェンジャーを標準装備。手間のかかる刃長測定や原点設定も自動的に行い、データ送信から仕上げ加工終了まで自動で行います。

精密な加工を実現する高精度モデル

精密ボールねじによりバックラッシュを大幅に軽減し、±0.02mmの「原点再現性」と「繰り返し精度」を実現。
3Dプリンターでは難しい、嵌合部品や治具製作に最適です。

さまざまなリアルマテリアルで切削加工を実現

アルミ POM ABS 真鍮 MCナイロン アクリル 木材 ケミカルウッド など

SRP Player

MODELAシリーズでおなじみのCAMソフトウェア「SRP Player」を標準付属。わずか5ステップの対話形式で加工設定が完了。わかりやすい画面ではじめての方でも迷うことなく、簡単に加工データを作成できます。また加工設定の自由度が大幅に向上し、ドリル加工やツールパスのバリエーションなども新たに追加されたことで、より効率的に高品質な加工データを作成することができます。

必要なメニューのみが表示されるVPanel

操作に合わせて画面が変わる新感覚の対話形式方法を可能にする「VPanel」。操作に不要なメニューは表示されず、最適なメニューのみが表示されます。また、NCデータにも対応し「VPanel」からの直接の出力が可能です。

集約された機能を、直感的に

よく使う機能を集約し、直感的に使えるハンディーパネル。原点位置の移動や回転数の設定は、ロータリーハンドルを使えて簡単便利に設定が可能。

導入しやすい100V電源対応

設置場所の制約が少ない100V電源で稼働するため導入しやすく、設置後の移動も自由に行えます。複数台を同時に設置する場合や、増設の際も設置場所の確保だけで十分です。また、高圧の200Vよりも安全に使用できます。

◎ステータスがすぐにわかるシグナルタワー
→稼働中の状況確認に便利な、シグナルタワーを標準装備しています。装置まで移動する必要があった目視での状況確認の手間を大幅に省きます。製造現場での使い勝手と効率性を考えた、実用的な装備です。

大型キャスター付きで簡単移動

製品の仕様変更や新製品に対応するための生産ラインのレイアウト変更。そん時に便利なキャスターを装備しています。生産性向上のためのレイアウトの改善など、装置の移動を手軽に、スムーズにするための工夫です。

スライドドアにより省スペースでの運用が可能

ご購入についてのお問い合わせはこちらから

製造工程から探す