Markforged Metal X

新世代金属3Dプリンタ

MarkforgedのMetal Xは、ADAM(Atomic Diffusion Additive Manufacturing)という新方式を採用した画期的な金属3Dプリンタシステムです。従来のパウダー方式の3Dプリンタに比べて、導入コスト、安全性、使用の手間といった面で特長の多い機器です。

紹介動画

MetalX

特徴

Markforged Metal Xの基本

ADAM方式

ADAM方式は3DプリントとMIM(Metal Injection Molding)を組み合わせた方式です。本体でバインダーと混合された金属粉末を積層させ、その後洗浄装置でバインダーを半分除去後、焼成炉で焼結させて最終パーツができあがります。MIM方式は数十年前から金属パーツの製法として確立されており、iphoneの部品などに使われている実績のある方式です。それを3Dプリンタと組合せたことがMarkforged社の斬新なアイディアとなっています。

[イメージの拡大はこちら]

投資対効果

プリンタ本体価格は、従来設備の最大1/10です。
付帯設備も含めたシステム導入コストはもちろん、材料費や保守費などのランニングコストも最小限に抑えられます。
金属3Dプリンタの導入ハードルを一気に下げ、最大の投資対効果をもたらします。

安全性

Metal X のマテリアルは、メタルが主成分で、樹脂やワックスを含んだフィラメント・スプールです。
金属粉やレーザーを使わないので、とても安全で、作業員や作業室の防塵・防爆対策なども要りません。

マテリアル交換が簡単

基本的に、プリントヘッドを交換せずに、複数の金属マテリアルが使えます。
手間のかかるチャンバー内の洗浄は必要なく、コンタミ(異物混入)の心配がありません。

[イメージの拡大はこちら]

サポートの設計・取り外しが簡単

Metal X / ADAMでは、サポート構造(金属)とパーツ本体の間に、第二ノズルでセラミックスの分離層をプリントします。
セラミック層は焼結後に脆くなるので、サポート部分は手で簡単に外れます。複雑なサポート設計も、ADAMプロセスでは不要です。

[イメージの拡大はこちら]

幅広い用途

金属を均一に焼結するADAM方式により、異方性のない、密度約96%の金属パーツを製造します。そのため、様々な治工具、ロボットのエンドツール、そして最終用途部品まで幅広く活用できます。

製品ラインナップと専用ソフトウェア


[表をクリックで拡大します]

 

■専用ソフトウェアについて

Markforged独自のソフトウェアであるEiger(アイガー)は、強力でありながら操作は容易で使いやすく、エンジニアの作業効率向上を実現します。また、高強度の造形のためのスライスを、ブラウザ(Google Chrome)上で簡単に行えます。また、Eigerはクラウド上にあるため、プリンタがネットワークに接続されていれば、いつでもどこでも、プリンタを動かせ、遠隔地からの出力も可能です。

 

対象業種・業務

製造業、設計・製造、営業

導入効果

製品開発/設計の迅速化、品質の向上、コスト削減

開発元

Markforged

お問い合わせ先

3Dプリンタお問い合わせフォーム

ご購入についてのお問い合わせはこちらから

製造工程から探す