SOLIDWORKS Simulation

SOLIDWORKS Simulationとは

SOLIDWORKS Simulationは、汎用有限要素法解析システムの解析機能を、SOLIDWORKSに統合した、設計者向けCAEツールです。SOLIDWORKSで設計したモデルについて、そのまま同じウィンドウ内で、構造解析が行えます。SOLIDWORKSと共通のGUIとSOLIDWORKS Simulationマネージャーの利用で、導入したその日から、高速、高精度の技術が手軽に利用できます。

概要

SOLIDWORKS Simulation製品概要

SOLIDWORKS完全アドオン構造解析ツール

世界で最も利用されている3次元CAD、SOLIDWORKSにアドオンして利用するCAEツールです。SOLIDWORKSのモデルウィンドウ内の設計モデルに、直接解析条件を与えることができますから、設計モデルの解析による評価と設計変更による改善を、同一画面で繰り返すことが可能です。もちろん、基本操作はSOLIDWORKSに準拠していますから、プロパティーマネージャを使った条件設定など、あたかもモデルのサイズや厚みを設定するように、解析条件を設定することができるようになっています。また、すべての操作は、マウスを中心としたWindows準拠。右クリックメニューやドラッグ&ドロップといった機能で、導入したその日から、直感的操作でCAEが実行できます。


【製品ラインナップ】

◎ SOLIDWORKS Simulation (SOLIDWORKS Premiumにバンドル)
 ● 線形静解析、機構解析
◎ SOLIDWORKS Simulation Standard
 ● 線形静解析、疲労解析、機構解析
◎ SOLIDWORKS Simulation Professional
 ● 線形静解析、固有値解析、線形座屈解析、定常/非定常熱伝導解析、疲労解析、落下試験、形状最適化、トポロジー最適化、機構解析
◎ SOLIDWORKS Simulation Premium
 ● SOLIDWORKS Simulation Professional + 非線形解析、線形道解析
◎ SOLIDWORKS Flow Simulation
 ● 熱流体解析、HVACモジュール、電子冷却モジュール
◎ SOLIDWORKS Plastics Standard
 ● サーフェス・ソリッドメッシュ、ウェルドライン、ショートショット、エアトラップ、ヒケ&ヒケマーク
◎ SOLIDWORKS Plastics Professional
 ● SOLIDWORKS Plastics Standard + マルチキャビティ、ランナー最適化、インサート成型、オーバーモールド、ガスアシスト&バルブゲート
◎ SOLIDWORKS Plastics Premium
 ● SOLIDWORKS Plastics Professional + ソリ、金型冷却

特徴

SOLIDWORKS Simulationの基本

多彩なアセンブリ解析

複数材料からなるアセンブリモデルに対し、それぞれに異なる材料物性を与えることができます。さらに相互の接触もボンド・接触・くい込みを許可といった条件をそれぞれの接触箇所ごとに設定したり、全体の接触条件と一部だけ異なった接触条件を設定したりといったことも可能ですから、より現実に近いアセンブリモデルを解析することができます。また接触条件では、SOLIDWORKS Simulationならではの離れているパーツが変形の結果接触する非線形接触(大変位接触)や、パーツ間に要素を作成せずに熱伝導特性を設定できる熱抵抗接触など、より高度な検証を行うための機能も備えています。

[イメージの拡大はこちら]

メッシュ

有限要素法に必要なメッシュ作成機能は、ユーザーによる部分的なメッシュサイズの指定や、自動的に小さなジオメトリを細かく分割する自動徐変メッシュ、曲率によってメッシュサイズを調整する曲率ベースメッシュなどの機能をご用意。さらに解析精度向上のため、アダプティブ法が搭載されており、計算中に自動でメッシュの改善を行うことも可能です。メッシュエラーが発生した場合は、メッシュエラーの原因と場所、対処法を案内する、メッシュ診断ツールを搭載しており、メッシュ作成時のエラーを回避するのに役立てることができます。

[イメージの拡大はこちら]

形状最適化、デザインシナリオ

SOLIDWORKS完全アドオンならではの、形状最適化機能を搭載しています。規定の荷重やサイズを同時に満足させるための、最適な形状はどのようなものかを計算し、自動的にSOLIDWORKSモデルをその結果の形状に変形します。さらに、デザインシナリオ機能では、荷重、拘束、材料特性などの解析条件や、モデルのサイズを、パラメータとして設定し、自動的に変更しながら計算することができます。シナリオ内に、これらのパラメータ条件を複数設定しておくことで、条件や材料やサイズの異なる、複数の設計プランの中で、最も最適なものを求めるための解析を、全自動で行うことができる、設計者には大変強力な設計支援ツールとなっています。

[イメージの拡大はこちら]

トポロジー最適化

最適化の計算領域が含まれるようにモデリングした部品でトポロジー最適化の計算をします。解析条件を定義してゴールと制約や製造制御の設定を行います。応力値や変位量などの制約の範囲で質量の最小化などのゴールに対して最適になるよう、初期部品モデルから必要最小限の形状を抽出するのがトポロジー最適化です。製造制御により保持領域や対称を指定することができ、計算結果の形状コントロールが可能です。

[イメージの拡大はこちら]

シェル要素、梁要素解析

板金モデルなどの薄板形状の解析に最適な、シェルモデル解析機能を持ちます。板金モデルの場合は中立面を抽出したシェルを自動的に定義します。もちろん、面指定やサーフェスボディのシェルをユーザー定義することも可能です。鋼材レイアウトを使用した溶接構造物や断面が均一の長尺モデルの場合は梁(ビーム)要素で解析できます。シェルと同様に高精度かつ高速な計算を実現できます。

[イメージの拡大はこちら]

非定常熱伝導解析

熱伝導解析では、一般的な定常熱伝導に加え、時刻歴による熱の遷移状況を解析できる非定常熱伝導解析にまで対応。モデル全体の熱の伝わる速度や、特定の節点の温度変化などを、詳細に追跡して検討することが可能になっています。

[イメージの拡大はこちら]

製品ラインナップ

SOLIDWORKS Simulation Professional

SOLIDWORKS Simulation Professionalは、SOLIDWORKS Simulationの機能をさらに拡張した強力なツール群により部品、アセンブリに対してさらなるテストを行い、より幅広い動作環境をチェック出来ます。

[イメージの拡大はこちら]
[固有値解析のイメージ画像はこちら]

SOLIDWORKS Simulation Premium

設計した製品の現実世界における挙動が、これまでになく簡単にシミュレーション 出来るようになりました。SOLIDWORKS Simulation Premumに含まれる高機能なツール群により、線形および静解析の範囲では語れないよりリアルな環境をシミュレーションできます。

[イメージの拡大はこちら]
[2D簡略化非線形解析のイメージ画像はこちら]
[時刻歴応答の線形動解析のイメージ画像はこちら]
[複合シェルのイメージ画像はこちら]

SOLIDWORKS Flow Simulation

SOLIDWORKS Flow Simulationは、SOLIDWORKSで設計した内部および周囲の流体流れと熱挙動の解析を比類ない使いやすさで提供します。

[イメージの拡大はこちら]
[粒子スタディのイメージ画像はこちら]
[Electronics Coolingモジュールのイメージ画像はこちら]
[HVACモジュールのイメージ画像はこちら]

SOLIDWORKS Plastics

射出成型、樹脂部品のための、設計者向け検証ツールです。初心者にも使いやすい最小の操作手順と、上級者にも役立つ樹脂と熱と応力分布の検証機能などを両立しています。

[イメージの拡大はこちら]
[ランナバランスのイメージ画像はこちら]
[そり解析のイメージ画像はこちら]

導入効果

導入したその日から手軽に高精度な構造解析が可能、SOLIDWORKS完全アドオン

対象業種・業務

製造業、設計業務

動作環境

詳細はこちら(メーカーサイト)

製品構成

詳細はこちら(メーカーサイト)

開発元

ソリッドワークス ジャパン株式会社(SOLIDWORKS K.K)

  https://www.solidworks.com/ja

ご購入についてのお問い合わせはこちらから

SOLIDWORKS 正規代理店ロゴマーク

テクノソリューションズは、2000年よりSOLIDWORKS正規代理店としてサービスを提供しています。

ワークフローから探す