SOLIDWORKS CAM

SOLIDWORKS CAMとは?

「SOLIDWORKS CAM」はSOLIDWORKS 2018より実装された製品です。 

SOLIDWORKSにバンドル

SOLIDWORKSをお使いのお客様でSOLIDWORKSサブスクリプションサービスにご加入のお客様はSOLIDWORKS CAM Standardをご利用になれます。


SOLIDWORKS CAM アドインのススメ!

テクノソリューションズオリジナル

SOLIDWORKS CAM アドイン有効化手順書~すぐに始められる3Step~

をご用意しました(リンクをクリックするとダウンロードが始まります)

 

SOLIDWORKS CAMを使い始めるにあたり、アドインを追加するための手順書(PDF形式 2MB)です。
ダウンロードし、是非ご利用ください。


概要

SOLIDWORKS CAM製品概要

SOLIDWORKS純正の3次元CAM

SOLIDWORKSがお届けする新しい統合CAMソリューションは、設計チームとエンジニアリング チームがさらに洗練された効率的な方法で作業できるように支援します。
製造エンジニアは、SOLIDWORKSモデルで直接ツール パスをプログラミングできます。製品エンジニアは、設計プロセスの早い段階で設計を評価し、予期しないコストや遅延を防ぐことができます。
業界をリードするCAMWorks®のテクノロジーを搭載したSOLIDWORKS CAMは、完全に統合されたルールベースのテクノロジーとして機能し、設計プロセスと製造プロセスを1つのアプリケーションに統合します。
さらに、共通のソフトウェアと共通の3Dモデルを通じて、設計チームと製造チームをつなぎます。

特徴

SOLIDWORKS CAMの基本

自動フィーチャ認識

モデル内の加工部位を瞬時に自動認識
加工部位の形と領域でCAM専用フィーチャとして抽出

SOLIDWORKS CAMでは、SOLIDWORKSだけでなく他CADからSOLIDWORKSにインポートされたデータの定義されたフィーチャも自動認識しますので、これまで時間のかかっていたフィーチャー定義に関わる大幅な作業時間削減を実現します。

[イメージの拡大はこちら]

ナレッジベースの加工

社内標準の加工工程や加工設定をナレッジとしてストックすることが可能です。
熟練者が個人として持っていたノウハウを社内標準としてデジタル化できるので、熟練した加工者だけが行っていた加工を誰でも可能にします。
作業者のスキルの差による品質や加工時間のバラツキを解消し、「高品質」「短納期」が 可能となります。

[イメージの拡大はこちら]

TBM機能 (Tolerance Based Machining)

SOLIDWORKS CAMの持つTBM(Tolerance Based Machining)機能は、SOLIDWORKS MBD/Dim Expertの寸法上の公差を読み込むことができる機能です。
公差や寸法、メタプロパティやアノテーション情報などSOLIDWORKSで定義した情報を自動で読み込むことができる機能です。
SOLIDWORKS MBDを使用すれば、公差情報だけでなく、3次元モデルに定義した製品製造情報 (PMI)をSOLIDWORKS CAMで受け取ることができるので、製造現場での工数を大幅に削減します。

※ 公差ベースマシニングとは:SOLIDWORKS MBD(Model Based Defnition)で定義された製品製造情報 (PMI)や公差情報を読み取る機能です。

[イメージの拡大はこちら]

製品ラインナップ

SOLIDWORKS CAM Standard

様々な2.5軸加工に対応した3次元CAMソフトウェア
【主な機能】2.5軸加工、パーツ単体加工

SOLIDWORKS CAM Professional

様々な2.5軸加工に対応した3次元CAMソフトウェア
SOLIDWORKS CAM Standardに加え、アセンブリ加工や旋盤加工に対応した3次元CAM
【主な機能】2.5軸加工、アセンブリ加工、旋盤加工、VoluMill(高速荒取り加工)、5面加工

図上:アセンブリ4面加工
図下:旋盤加工

対象業種・業務

製造業、設計・製造

導入効果

製品開発/設計の迅速化、品質の向上、コスト削減

動作環境

SOLIDWORKSに準拠

開発元

ソリッドワークス ジャパン株式会社(SOLIDWORKS K.K)

  https://www.solidworks.com/ja

ご購入についてのお問い合わせはこちらから

製造工程から探す