SOLIDWORKS PDM

SOLIDWORKS PDMとは

SOLIDWORKS PDMは、SOLIDWORKS設計環境に特化したデータ管理製品です。
Windowsエクスプローラーに統合されたUI、また、SOLIDWORKSタスクパネルにての簡単な操作で設計プロジェクト内での様々なデータ管理に関連した機能を実現し、設計コストや手間を削減することが可能になります。

製品価格

製品の定価はこちらをご覧ください。


テクノソリューションズのサービス

SOLIDWORKS PDM導入支援サービス、その他おすすめのSOLIDWORKS関連サービスはこちらをご覧ください。


概要

SOLIDWORKS PDM製品概要

 

部品点数が多い設備設計、装置設計をされているユーザー様にとって、3Dで設計を進めるにあたって様々な課題を感じられるケースが多々あります。プロパティの効率的な管理、複数人での設計作業(チーム設計)、ファイルの参照関係を崩さないように気を付けながらのファイル管理、設計データの承認処理、検索性をよくしたい、全社で3Dデータを共有し活用したい・・・。
それら様々な課題をSOLIDWORKS PDMにて解決することが可能になります。結果として、設計の煩雑な手間が省け設計時間の短縮、設計品質向上に貢献します。また、会社内の様々な部署にもPDMクライアントを導入することで全社的な3Dデータ活用にも繋がります。

特徴

SOLIDWORKS PDMの基本

Windowsエクスプローラーに統合された使いやすいユーザーインターフェース

インターフェースがWindowsエクスプローラーに統合されるため、導入開始から戸惑うことなく使用することが可能です。エクスプローラー画面上部には、ファイルごとに誰が編集中なのか、ワークフロー上のどのステータスにあるのかが分かりやすく明示されます。また、画面下部には、ファイル内容を確認するためのビュワー、プロパティ管理のためのデータカード、BOM管理のためのBOM、ファイル間の参照関係を確認するための参照先、使用先などのタブが用意されます。また、CAD EditorパッケージにてはSOLIDWORKSタスクパネルに統合されたアドインを使用できます。

[イメージの拡大はこちら]

カードによるプロパティ管理

ファイルごとに、そのファイルに固有なプロパティ情報を記入することが出来ます。必要なプロパティに応じてカード入力項目を自由にデザインすることが可能なため、設計者皆様にとって使いやすいカードを用意することができます。
また、これらプロパティはSOLIDWORKSプロパティと連携させることが可能です。それにより、SOLIDWORKSからの重量値や材料名を自動セットすることも出来、更に、図面表題欄や部品表との連携も可能となります。

[イメージの拡大はこちら]

ファイルのバージョン管理

SOLIDWORKS PDMはファイルを編集しチェックインするごとにファイルバージョンが上がり、古いバージョンファイルは消えることなくサーバーに格納されていきます。
そのため、もし古いバージョンが必要な際は、ローカルに古いものを呼び出して確認、再編集が可能になります。
これにより、過去の古いデータも設計資産として活用できますし、大切な設計ファイルの保守性も向上いたします。

[イメージの拡大はこちら]

排他制御によるチーム設計環境の実現

大規模なアセンブリ設計ではチーム設計がかかせません。
SOLIDWORKS PDMではどのファイルが誰にチェックアウトされ編集中なのかがエクスプローラー上で明示されるため、間違えて編集上書きするのを防ぐことが出来ます。
また、CAD EditorパッケージにてのSOLIDWORKSアドインでは、変更作業中のファイルであってもチェックアウト、チェックイン、ステータス変更などのPDM操作がSOLIDWORKS画面上で可能となります。
これにより、通常チーム設計で発生する煩雑なファイル管理の手間が軽減され、時間や手間を大幅に省くことが可能となります。

[イメージの拡大はこちら]

BOMの作成機能

ユーザー様の業務に必要な設計BOM、製造BOM、購買向けのBOM、保守サービスのためのBOM等、様々なBOMを定義しておくことが可能です。使い方は簡単です。BOMタブを開きアセンブリファイルを選択するだけで、選択したBOM種類に応じたプロパティ値のリストが表示されます。作成されたBOMはワンクリックでEXCELにエクスポートすることも可能です。
また、最新のアセンブリの部品構成と古い部品構成を比較し、どの構成部品・サブアセンブリが変更・削除されたのかを確認する機能も利用することができます。

[イメージの拡大はこちら]

ワークフロー機能による電子的な承認システムの実現

PDM無しでのSOLIDWORKSの運用では、そのファイルが設計業務上のどの段階にいるのかの管理が非常に困難でした。
SOLIDWORKS PDMではワークフロー機能を利用することでその困難さが一気に解決いたします。自社に必要なワークフローを構築し、最適な承認経路を作ることが可能です。そのファイルが設計中なのか、検図中なのか承認済みなのかが、エクスプローラー上で明示され、いつ誰がそのステータスに変更したのかの履歴も残っていきます。
また、ステータスごとに権限設定が出来ますので、承認後は管理者以外は変更や削除、名前変更できなくする、といったことも可能です。その分ファイルの保守性も向上いたします。

[イメージの拡大はこちら]

ファイルの参照関係の管理

PDMのボルト内に格納したファイルは全てSQLサーバーにより厳密に管理されます。そのため、エクスプローラー上でファイル名を直接変更したり他フォルダーに移動した場合であっても参照関係が崩れず維持され続けます。
従来の参照関係を崩さないように気を付けながらファイル名を変更しライブラリーフォルダに移動するといった面倒な操作が無くなり、ファイル管理の作業性が大幅に向上いたします。
また、SOLIDWORKSファイル以外のあらゆるファイルにて、ファイル同士で参照関係を結び、親子関係を構築する機能も用意されています。

[イメージの拡大はこちら]

離れた拠点との同質な設計環境の提供(※Professional版)

離れた拠点にPDM環境を構築し常に同期させておく「複製ボルト」という機能が用意されています。
この複製ボルト環境を構築することで、離れた拠点間でPDMのフル機能を用いながら設計業務を滞りなく行えるようになります。
データの同期は基本的には夜中にスケジュールされ自動処理されます。また、昼間の運用中であっても、他拠点で変更されたファイルにアクセスした時点で実体となる実ファイルが即座に同期される仕組みになっています。

[イメージの拡大はこちら]

APIプログラム開発による、様々な社内システムの構築(※Professional版)

Professional版にてはプログラム開発のためのAPIが無償で公開されています。そのため、業務に必要な処理プログラムを開発していくことが可能です。
例えば、承認のタイミングで他部署向けBOMシステムにプロパティ情報を受け渡す、などの御社に特化した機能を実現可能です。
API開発したいご希望がありましたら是非弊社にご相談下さい。

[イメージの拡大はこちら]

製品ラインナップ

SOLIDWORKS PDM Standard CAD Editor
(SOLIDWORKS Professional以上にバンドル)

・設計者10名までの小規模なデータ管理
・SOLIDWORKSファイルのみの管理
・WindowsエクスプローラーUIとSOLIDWORKSタスクパネルでの使用

※SQL Sever Express版(無償版)が必要です。

SOLIDWORKS PDM Standard Contributor

・WindowsエクスプローラーUIのみでの使用

※その他はPDM Standardと同等です
※SQL Sever Express版(無償版)が必要です。

SOLIDWORKS PDM Standard Viewer

・WindowsエクスプローラーUIにてのデータの閲覧、ステータス変更のみ

※SQL Sever Express版(無償版)が必要です。

SOLIDWORKS PDM Professional CAD Editor

・設計者10名以上でのデータ管理
・SOLIDWORKS以外のプロジェクトに関連するファイルも管理
・WindowsエクスプローラーUIとSOLIDWORKSタスクパネルでの使用
・自動印刷、自動PDF化、ディスパッチ機能による自動処理の実現
・APIを利用したユーザー様に合わせた機能の実現

※microsoftⓇ SQL Server Standard版以上を必要といたします。

SOLIDWORKS PDM Professional Contributor

・WindowsエクスプローラーUIのみでの使用(SOLIDWORKSタスクパネルUIは無し)

※その他はPDM Professioanl CAD Editortと同等です
※microsoftⓇ SQL Server Standard版以上を必要といたします。

SOLIDWORKS PDM Professional Viewer

WindowsエクスプローラーUIにてのデータ閲覧、ステータス変更のみ

※microsoftⓇ SQL Server Standard版以上を必要といたします。

テクノソリューションズのサービス

テクノソリューションズは、2000年よりSOLIDWORKS正規代理店としてサービスを提供しています。
導入前のご相談も、導入後のサポートも、安心してまるっとお任せください!

PDMの導入をご検討中ならこちら
PDM導入支援サービス

これからSOLIDWORKSを導入したい方はこちら
SOLIDWORKSならテクノソリューションズにまるっとお任せ!

導入後のサポートについて知りたい方はこちら
テクノソリューションズのSOLIDWORKS QAサポートサービス

製品定価(ライセンス単体の定価<税抜>を記載しております)

ネットワーク版(*1)

・SOLIDWORKS PDM Standard Contributor     ¥180,000

・SOLIDWORKS PDM Standard Viewer        ¥714,000

・SOLIDWORKS PDM Professional CAD Editor(*2)  ¥409,000

・SOLIDWORKS PDM Professional Contributor   ¥298,000

・SOLIDWORKS PDM Professional Viewer      ¥709,000

(*1)ネットワーク製品に関しては別途SOLIDWORKS Network Installation Feeが発生します。詳しくはお問い合わせください。
(*2)※SOLIDWORKS PDM Standard CAD EditorはSOLIDWORKS Professioanl、Premiumに含まれています。

 

SOLIDWORKS製品の価格一覧はこちら


対象業種、業務

製造業、設計業務


導入効果

設計プロジェクトファイルの効率的・効果的な管理


動作環境

詳細はこちら(メーカーサイト)


製品構成

詳細はこちら(メーカーサイト)


開発元

ソリッドワークス ジャパン株式会社(SOLIDWORKS K.K)


ご購入についてのお問い合わせはこちらから

SOLIDWORKS 正規代理店ロゴマーク

テクノソリューションズは、2000年よりSOLIDWORKS正規代理店としてサービスを提供しています。

ワークフローから探す