3DTascalX (スリーディ タスカル エックス)

3DCADデータハンドリングツール

3DCADデータのデータ変換、高精度計測、2D図面化、加工事前検証やプレゼンまでが、これ一つで実現。ビューア(形状確認だけ)では物足りないけど3DCADまでは必要ない方のために「ビューア以上CAD未満」の機能を搭載。
[イメージの拡大はこちら]

こんなことでお困りではありませんか?

◎2D図面作成の工数が大きい
◎3Dデータでの仕事の依頼がある
◎データ授受のために3DCADがある
◎手待ち、手戻りが多い
◎3Dデータはすべて3DCADで見てしまっている


紹介動画

3DTascalX プロモーションビデオ

概要

3DTascalX (スリーディ タスカル エックス)製品概要

 

3DCADデータをもらっても形状確認ができない、ビューアを持っていても加工に必要な計測ができない、2D図面がもらえない…。
3DTascalX はこれ一つでデータ変換、高精度計測、2D図面化、加工事前検証まで行える3DCADデータハンドリングツールです。
データ変換では一括変換やSOLIDWORKSとの連携が可能で、高機能ビューアとして利用すれば社内外での図面レス化を促進できます。

特徴

3DTascalX (スリーディ タスカル エックス)の基本

◎2D図面作成の工数が大きい
◎3Dデータでの仕事の依頼がある
◎データ授受のために3DCADがある
◎手待ち、手戻りが多い
◎3Dデータはすべて3DCADで見てしまっている

業界標準データ形式のリード/ライトが可能

CATIA V5、NX、Creo Parametric、SOLIDWORKS など流通しているほぼ全ての3Dデータ形式の入力や出力が可能。また、サーフェス(シート)のソリッド化やヒーリングも可能です。


[イメージの拡大はこちら]

寸法表記

3DCADデータをソリッドデータとして取り込むため、他のビューア(ポリゴンビューア)ではできない最大ナノ(10-9)オーダの高精度な計測を実現しました。そのため、現場で各工程に必要な情報(絶対値・相対値・副座標・架空の点や線など)が取得できます。また、CATIA V5、NX、Creo Parametric、JT データからは製品製造情報(PMI)を読み込めます。


[イメージの拡大はこちら]

検証する

加工前の3Dモデルを視覚的に認識。3Dモデルから同一面の高さや勾配、穴(同一径)の色分けがワンコマンドで行えます。さらに同一面上の穴を自動、あるいは手動で埋めることができます。
また、設計変更前と後の2つのモデルを比較して、変更または削除した部分を色分けすることができます。


[イメージ(1枚目)の拡大はこちら]
[イメージ(2枚目)の拡大はこちら]

対象業種、業務 

製造業、営業・設計・生産技術・検査・製造


導入効果

品質向上、コスト削減


開発元

株式会社シーセット


ご購入についてのお問い合わせはこちらから

関連情報

ワークフローから探す