企画セミナー&道場

SOLIDWORKS道場セミナー(企画セミナー)

SOLIDWORKS道場セミナーは、主にSOLIDWORKSを利用されているお客様向けのセミナーです。記載がない限り、実際に機器を使った体験セミナー形式ではありません応募者多数の場合、弊社の保守契約締結ユーザを優先させて頂きます。詳しい日程は、下記スケジュールをご参照ください。 受講ご希望の方は各セミナーの「申込」または「FAX申込」バナーよりお申し込み願います。お申込み後、セミナー内容準備のため確認のお電話をさせていただきます。なお、スケジュール・内容等の変更は随時修正掲載いたしますが、やむをえない急な変更につきましては、ご容赦いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

#8 SOLIDWORKS道場 「サーフェス活用法」

dojyo.jpg売れる製品は恰好もいい!!
“工業デザイナー岡村修一氏を講師に迎えての特別編”
SOLIDWORKS with GW3Dでは面形状が複雑でも作りたい形状を作成できます。開発要件を実現するための形状、製品の認知度を高めるデザインをカタチにするテクニック、デザインレビューでのレンダリングデータ活用術等を詳しく解説いたします。SOLIDWORKSのサーフェス機能を活用して、設計作業での表現力をグレードアップしませんか?

SOLIDWORKSのサーフェースモデリング機能について「弱い」とか「使いづらい」との評価は過去のものです。最近では製品の優れたデザインを追求する工業デザイナーのユーザーも多く活用されています。意匠設計では、美しい曲面を作成する必要がありますが、SOLIDWORKSのサーフェス機能では微妙なラインコントロールをもとに作りたい面を作成することが可能となります。SOLIDWORKS完全アドイン型ツールの「GW3Dfeatures:略称GW3D」を使えば、さらに高度なG3連続カーブをつくれますので、自動車業界で必要なクラスAサーフェスと呼ばれるサーフェスモデリングも可能となります。自動車、家電業界に限らず、製品に求められる機能を作りこむだけでなく、外観でいかに他社製品と差別化して、製品認識を高めることができるかがこれからの市場要件となるでしょう。また、製品開発期間を短縮するためには、ツールの選択も大きな鍵となります。意匠設計から詳細設計で同じツールで作業することで、期間短縮と工数削減に大きく寄与することは言うまでもありません。外観イメージを作成するだけのCG系ツールや、サーフェス専用CADでは、詳細設計に入ってからの作業効率が悪く、他の作業行程で利用できるデータとしても不十分です。今回の「SOLIDWORKS道場」では意匠設計から後工程までをSOLIDWORKSでカバーできることをご説明するとともに、設計品質の向上と開発期間短縮のための運用をご提案差し上げます。講師に、工業デザイナー キュウプロダクツ代表 岡村 修一氏をお迎えして、実例を交えて製品デザインのトレンドにも触れながら、SOLIDWORKSを使って外観面でも優れた製品を生み出すためのテクニックを解説していただきます。

Part1
3DCADでデザインするということ(意匠デザインをもとに設計から製造までの流れをつくる)
講師:キュウプロダクツ 岡村修一氏

  • デザイナーと設計者の強固な連携をSOLIDWORKSが実現する。モデリング履歴がデザイン意図を明確に伝え、設計変更にも迅速に対応できる。<CGツールやモデリング履歴を持たないCADではできないこともある。>
  • SOLIDWORKSとGW3Dで自由度の高い直感的なモデリングが可能になる!!
  • レンダリングを活用したレビューはリアルなイメージにより多くの意見を集められる。
  • サーフェス機能で定評のある、あの3次元CADと比較。

Part2
SOLIDWORKSサーフェス・曲面機能紹介  講師:テクノソリューションズ
GW3Dfeaturesモデリング機能紹介 講師:キュウプロダクツ 岡村修一 様

  • 「ブレンドカーブ」・・・G2/G3連続なカーブが簡単に作れる
  • 「ブレンドサーフェス」・・・スパインで面遷移コントロールが可能
  • 「コニックサーフェス」・・・面遷移をスケッチで自由にコントロールが可能

0927GSWD_1.jpg    0927GSWD_2.jpg    0927GSWD_3.png    0927GSWD_4.jpg



0927GSWD_5.jpg

講師紹介

0927GSWD_6.jpg
キュウプロダクツ代表 岡村修一 氏
岡村氏は東京造形大学で工業デザインを学び、工業デザイン事務所、伊藤忠ファッションシステム勤務を経て1992年にキュウプロダクツ(兵庫県神戸市)を設立。スポーツ用品や情報通信機器、家電などのデザインを手掛ける。
http://qproducts.jimdo.com/自社WEBサイトでもGW3Dfeaturesを詳しく紹介して頂いています。)

開催日程

現在受付中のセミナーはございませんが、ご要望があればお問い合わせください。

セミナーについてのお問合わせはこちらLinkIcon

セミナー申込み受領について

セミナ-開催1週間前までの受講証発行をもって、申込みの正式受領とさせていただきます。なお、スケジュール・内容等の変更は随時修正掲載いたしますが、やむをえない急な変更につきましては、ご容赦いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

開催について

弊社都合(機器、人員、集客状況等)により、お申込み頂いた後でも、開催延期・中止をする場合があります。ご了承下さい。受講確認をさせて頂く際に、参考の為「導入予定時期」をご確認させて頂きます。合わせてご了承下さい。