ソリッドワークスの使い方(図面作成・コンフィギュレーション)を解説!シミュレーションも可能

ソリッドワークスの図面作成&コンフィギュレーションのやり方を解説

ソリッドワークスの使い方を、基本から知りたいという方も多いかもしれません。

そこでこの記事では、3D CAD図面作成のやり方、コンフィギュレーションの使い方について解説します。

また、テクノソリューションズが実施するソリッドワークスに関する講座もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

図面作成のやり方を解説

3D CAD図面作成画面

ソリッドワークスを使用した、3D CAD図面作成のやり方についてご紹介します。

機械設計を行う際に、ぜひお役立てください。

1.ファイルの新規作成

「ファイル」-「新規作成」を選び、「部品」「アセンブリ」「図面」と3つある選択肢から「部品」を選択して、「OK」をクリックします。

2.スケッチを作成

スケッチを書く面は、画面左のツリーから「正面」「平面」などを選択できます。今回の例では、「平面」を選びます。

画面上部のメニューバーの左下にある「スケッチ」のタブを選び、「円」を選びます。

円の描画では、まず中心をクリックしたうえで、外周となる仮のポイントをクリックします。

円の大きさは、画面左のパラメータから指定できます。今回は半径を「80mm」に指定します。

3.スケッチから3Dモデルを作成

3Dモデルを作成するため、まずは画面左のツリーから「スケッチ」を選択します。

その後、「フィーチャー」-「押し出し」をクリックするとプレビュー表示されます。円の中心部にある矢印をドラッグすると高さ変更ができるため、円柱の高さを「30mm」に指定します。

4.ボスを作成

ボスのスケッチを書く面を指定するために、円柱の上面をクリックします。

上記2の手順と同様に、「スケッチ」-「円」を選び、円の中心部をクリックしたうえで、半径を指定します。

上記3の手順と同様に、「フィーチャー」-「押し出し」を選び、円柱の高さを「40mm」に指定します。

5.貫通穴を作成

貫通穴の作成では、上記4の手順と同様に、まずボス上面に円をスケッチします。それから「フィーチャー」-「押し出しカット」を選びます。

方向1に全貫通の選択肢があるので、選択してください。

6.リブを作成

部品強度を補うためのリブの作成では、まず画面左のツリーから「正面」の項目を選びます。

よりスケッチがしやすくなるように、正面表示を選択しましょう。

「スケッチ」-「線」を選んだうえで、円柱上面とボス側面の2つのポイントをクリックして、線を書きます。

「フィーチャー」-「リブ」を選び、「5mm」厚に指定すると、リブが作成できます。

7.リブを複製

上記6のリブを複製するために、「フィーチャー」-「円形パターン」を選びます。

穴の側面を表示選択して、円形コピー時の軸を指定します。「等間隔」の項目にチェックを入れたうえで、角度を「360」、数を「4」へそれぞれ指定すれば、リブを複製できます。

8.フランジを作成

図面に穴を開けるため、「スケッチ」-「穴」でプロファイルを作ります。その後、「スケッチ」-「スマート寸法」を選び、円の中心と原点をクリックしてください。寸法表示を確認しながら、円の位置を適切な位置へと調整します。

上記5の手順と同様に、「フィーチャー」-「押し出しカット」を選んだうえで、穴を貫通させます。

上記7の手順と同様に、「フィーチャー」-「円形パターン」で穴を複製すれば、フランジを作成できます。

9.図面を作成

いよいよ大詰めの図面作成です。上記8までの工程を終えた3D図面を、名前をつけて保存します。それから「ファイル」-「新規作成」をクリックし、3つの選択肢から「図面」を選んでください。

「シートフォーマット/シートサイズ」の画面からシートサイズを選んだうえで、「OK」をクリックします。

画面左のツリーから「参照」を選び、保存したファイルを選択します。

図面の表示方向を選んでシートをクリックすれば、任意の方向で図面表示されていきます。

仕上げに「アノテートアイテム」-「スマート寸法」を選んで、図面寸法を表示させれば完成です。

コンフィギュレーションの使い方

作業着の男女

コンフィギュレーション機能を使いこなせれば、仕様変更の切り替えなどがスムーズに行えます。

まず画面左のツリーから「Configuration Manager」へ切り替えたうえで、コンフィギュレーション指定を行うパーツの上で右クリックを行います。コンテキストメニューの中から、「コンフィギュレーションの追加」を選んでください。

その後、表示されたプロパティで、コンフィギュレーションの名前などを設定できます。また、パーツのパターンを何種類か作成する際、それぞれのフィーチャー名を調整しておくことで、後から確認しやすくなります。

追加したコンフィギュレーションは、「Configuration Manager」のタブから、切り替えたいコンフィギュレーションをダブルクリックすれば切り替えられます。

こういったソリッドワークスの使い方について詳しく知りたいという場合、講座を利用するのもおすすめです。

テクノソリューションズでは、ソリッドワークスの操作に関する講座を開催しております。

「基礎コース」や「スキルアップ・エキスパートコース」などコースの種類が豊富で、自社のニーズに合わせてカスタマイズいただくことも可能です。講座の詳細は、ぜひ以下のページからご確認ください。

シミュレーション機能など使い方を覚えるなら講座が便利!

ソリッドワークスを使った図面作成は、画面上のパネルから手軽に行えることがポイントです。また、コンフィギュレーションの使い方を覚えておけば、仕様の異なるパーツの切り替えがスムーズに行えます。

ソリッドワークスなら、設計した機構のシミュレーションも可能です。

ソリッドワークスの使い方をより深く知りたいという方は、講座もご利用ください。

テクノソリューションズでは、これから3D CAD図面作成を学びたい、もしくはスキルアップしたいという方を対象に、様々な講座を実施しております。

興味をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください。

ソリッドワークスに関するお役立ち情報

【ソリッドワークス】アセンブリ機能の使い方のことならテクノソリューションズへ!

会社名 株式会社テクノソリューションズ
代表取締役 大眉 博
会社設立日 2005年2月2日
本社 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目6−3 新宿国際ビルディング新館4F

アクセスマップ

電話番号 03-5326-7560
FAX番号 03-5326-7561
事業内容
  • CAD/CAM/CAE/PDM システム開発・販売
  • 製造業向け各種システムおよびソフトウェア販売
  • 3Dプリンタ/3Dスキャナー/加工機など、各種機器の販売
  • 上記に関するメンテナンス・サポート
  • その他、システム構築サポート・トレーニング・コンサルティング・カスタマイズなど
URL https://www.t-sol.co.jp/