【ソリッドワークスの使い方】最新版の機能を解説!図面・ルーティングの不明点は相談を

ソリッドワークスの最新版の機能とは?ポイントごとに詳しく解説

ソリッドワークスの使い方を知るためにも、最新版の機能を把握することは重要です。

この記事では、2022年版ソリッドワークスの新機能の概要や詳細について、ポイントごとに解説します。これからソリッドワークスを使ううえで必見の内容ですので、ぜひご一読ください。

2022年版で拡張・改良された機能とは?

疑問符を書く人

2022年版のソリッドワークスでは、新たに拡張・改良された機能が複数あります。

機能の概要を把握しておくことで、機械設計における業務効率化に対して、ピンポイントでの適用が可能です。

ここでは、新たに拡張・改良された機能を挙げていきますので、ぜひ参考にしてください。

  • アセンブリ設計やシミュレーション、製品のデータ管理などにおける機能の強化
  • 大規模アセンブリや図面ファイルのインポートなどにおける品質、パフォーマンス面での改善
  • グラフィック品質、および表示スピードなど応答性の改善
  • アセンブリパフォーマンスの最適化
  • コラボレーションに適したプラットフォーム「3DEXPERIENCE」における作業性の改善
  • クラウドベースの「3DEXPERIENCE Works」における設計やデザイン、シミュレーションなどの拡張利用

これらの新機能が加わったことで、より便利にソリッドワークスが利用できるようになります。

業務効率化が叶う新機能を紹介!

PCを操作する手元

ここからは、3D CAD図面作成における業務効率化も見込めるソリッドワークスの新機能について、詳しく解説します。

座標系の改善

設計者の使い勝手に直結するユーザーエクスペリエンスでは、特に座標系の改善が大きなポイントです。

新機能により、XYZの3つの座標や角度を入力することで、設計部品の向きや位置を定義づけられるようになりました。また、座標系を作成した後は、「点」「軸」「平面」の要素を選んで利用でき、よりスムーズな操作が可能となっています。

コマンド検索が実行可能

キーボードの「S」キーを叩くことで、コマンド検索をショートカットバーから実行できるようになりました。指定したコマンドへのアクセスが可能となったため、時間短縮の効果が見込めます。

アセンブリのトライアド自動表示やモード指定が可能

アセンブリの新機能としては、選択階層リンクやツリーから構成部品を選ぶと、トライアドが自動的に表示されるようになりました。そのため、設計部品の移動や回転がこれまで以上にスムーズに実行できます。

また、アセンブリの「大規模デザインレビューモード」では、「ディテイリングモード」の指定が可能となったことで、よりスピード感を持ってデータを開けるようになりました。さらに、サブアセンブリを開く際のモード指定も可能となっています。

部品のハイブリッドモデリングが可能

部品のメッシュデータから生成される「メッシュBrepボディ」を、通常のソリッドボディと同じように、押し出しなどのコマンドで編集できるようになりました。

従来のソフトバージョンで必要なメッシュボディの変換作業などが省略できるため、作業の効率化が期待できます。

図面のディテイリングモードが強化

パレット表示からの標準方向ビューの作成や、穴テーブルの作成が可能になるなど、図面編集でメインとなる操作を「ディテイリングモード」から行えるようになりました。

「ディテイリングモード」では、モデル情報を読み込むことなく、高速で図面を展開できるため、使い方次第で大幅な業務効率化が狙えます。

テクノソリューションズでは、機械設計における操作性に優れたソリッドワークス製品を多数ご提供しております。製品の詳細は、以下のページからご確認いただけます。

ソリッドワークスの図面・ルーティングなど機能の不明点もサポート可能!

2022年版のソリッドワークスでは、アセンブリ設計や図面ファイルのインポートなど、多くの機能が拡張・改良されています。特に、部品のハイブリッドモデリングなど、図面作成のスピードに関わる項目も多く、導入することで設計業務の効率化が見込めます。

テクノソリューションズでは、ソリッドワークスの正規代理店として、サポートサービスをご提供しております。

インストールやライセンスなどシステムトラブルへの対応など、ソリッドワークスの活用をあらゆる面でサポートさせていただきます。

ソリッドワークスに関するお役立ち情報

【ソリッドワークス】モーション解析の使い方のことならテクノソリューションズへ!

会社名 株式会社テクノソリューションズ
代表取締役 大眉 博
会社設立日 2005年2月2日
本社 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目6−3 新宿国際ビルディング新館4F

アクセスマップ

電話番号 03-5326-7560
FAX番号 03-5326-7561
事業内容
  • CAD/CAM/CAE/PDM システム開発・販売
  • 製造業向け各種システムおよびソフトウェア販売
  • 3Dプリンタ/3Dスキャナー/加工機など、各種機器の販売
  • 上記に関するメンテナンス・サポート
  • その他、システム構築サポート・トレーニング・コンサルティング・カスタマイズなど
URL https://www.t-sol.co.jp/